2018年04月21日

NHKバッジ 始動編の話






どうもガクです。

気がつけたば4月も後半。新入生・新社会人で新生活を初められた皆様。


ちゃんと受信料払ってますか??


受信料、取り立てます、NHKです。




さて。やはりサバゲでも装備好きというのは言い換えれば『小物コレクター』と言っても過言ではないハズ。プレキャリを初めとする大きなアイテムだけではなく、小さな小物にこだわってこそ真の装備好きと言えるのではないでしょうか。






中でもマーシャル装備の必須アイテム『マーシャルバッジ』はレプリカでもその存在感が強く、メチャクチャカッコイイです。しかし、これはマーシャルだからなせる技。架空の部隊、NHKでは出来ないのが悲しい所。













・・・・・いいなぁ・・・。
















※以前も紹介したNHKマーシャル風パッチ







・・・ん?


んん?


んんん???





作ればいいんじゃね???





















『NHK どーもくんバッジを自作しよう』


そうです、簡単でした。無いなら作ればいい。僕のパパもそう言ってた気がします。あくまで気ですが。



早速、以前仕事でCG動画を作成してくれたT君に連絡。
CGがグニャグニャ動くすげぇ映像を作ってくれる人です。完全に友人の無駄遣いです

『あのさぁ、バッジ作りたいんだけど3Dデータ作れる?』


『・・・ほぅ』


明らかに職人魂に火が付いた感じの回答でした。純粋にちょっとキモかったです。




まずはマーシャルバッジの画像をレプリカ・実物共にいくつか集め本人に送信。更に先程のマーシャル風パッチの画像データも渡しました。
さぁ、一体どんなデータが上がってくるかな?ワクワク♡












〜数日後〜






































・・・えっ?





クオリティ馬鹿げてない???



T君の職人魂は相当燃えていたようです。なんかすげぇの来た!!あまりに感動したので、その場にいた友人に見せたんですけど、そいつはサバゲの事もマーシャルの事も何も知らないので『はぁ・・・?』って感じでした。酷い奴です。距離を置こうと思います。




兎にも角にもとんでもないデータが完成。なんだか自分が予想している以上の事になりそうです・・・しかし、まだ道のりは長い!!


次回!『3Dプリントしてみる編』!乞うご期待!!!

  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)NHK装備の話

2018年04月20日

MARREL MOAB2の話





どうもガクです。

先日、遂に念願のアイテムを購入してしましました。

そう、MERREL MOAB2 です!!



自分が毎回一緒にサバゲに行っている相方はだいぶ前にMOAB1を購入しており、

その見た目を去ることながら機能性にすごく満足してました。

一方自分は沖縄土産 海兵隊払い下げブーツ

重いんです。これがまた。


にしても軽そうなモアブ。しかもゴアテックス。

いいなぁ〜……








はッ!!き、気づいたら手元にッ!?
(買いました)


たまたま近所にメレルの直営店を発見。

即座に飛び込んでしまいました。









箱はこんな感じ。







デデン!

開けるとこんな感じ。

カラーも少し外した色にするか迷いましたが、結局スタンダードなものを。










ミリタリーなカーキにアクセントのオレンジがイカしてます。






ローカットを選んだのは、デイユースも意識しての事。

愛用デニムにもぴったりです。

LE装備を見ていると薄いブルーのデニムが多いですが、

写真のような濃いブルーも合うと思います。

っていうか個人的にはそっちが好みだったり。

このデニムはFLAT HEADというメーカーの物。

いずれ紹介するかもくらいのお気に入りです。
(需要あるのか?)



靴底のソウルが結構しっかりしているので、

丈が少し眺めのパンツにぴったり。

ちなみにこのデニムはメカニックブーツなんか履くとぴったりな丈にしてあります。


サイズは普段27.5cmの靴が多い自分ですが、

試着の結果28cm(USA 10)をチョイス。

普段履きより1つ大きめじゃないとつま先がちょっと窮屈かと。

何にせよ靴のサイズってシビアなので、

こればっかりはネットではなく販売店で買うのをオススメします。

カラーも見て納得して買うのが一番ですし。




サバゲでの使い心地はまだ後ほど。

コンクリートではスベるなんてよく聞きますが。

果たして。


ではまた次回!お楽しみに〜!  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)装備の話アイテムの話

2018年04月19日

Crye MLI -シュターズキャップの話




今日ご紹介するの僕の愛用キャップです。

LE、U.S.MARSHAL装備にかぎらず、

PMC装備、タクティカルトレーニング系まで。

幅広く活用でき、且つ外せないアイテムの1つがこのシュターズキャップです。

ブランドにはよってはベースボールキャップとも呼びます。

明確な差は無いと思いますが"シュターズ"の方がベルクロ配置など若干のミリタリー要素が施されています。

Cryeを初めLBTRAAなどなど。

様々なメーカーからリリースされている物ですね。

当然上記のようなミリタリー関連メーカーにかぎらず、

スポーツメーカーやカジュアルブランド等、

どんなメーカーの物を使っても違和感が無いのも魅力の1つ。

自分らしさを最も出せるアイテムの1つではないでしょうか。





Crye Precision MLI シューターズキャップ




JPC等で同じみのミリタリーブランド『Crye Precision』から発売されている、

『MLIキャップ』です。

メジャリーグスポーツのパロディデザインとなっている『MLI』ワッペンが

フロントにバシッ!とデザインされています。


僕はスゴくサバゲー=スポーツという認識が好きなので、

この手のデザインは大好物です。

もっと広がれスポーツサバゲーの輪。



ちなみにこのメジャリーグスポーツパロディは

Crye → MLI(MAJOR LEAGUE INFIDEL)

MSM → MLD(MAJOR LEAGUE DOORKICKER)

と微妙にメーカーによってバリエーションがあります。

MLS(MAJOR LEAGUE SNIPER)も見たことあるような。



BACK View




後頭部、サイズ調整アジャスターはベルクロ式です。

外側もメスベルクロが付いているので、ご覧の通り小さなパッチが付けられます。

僕の場合、一緒にサバゲーに行く相方も同じ物を持っていますので、

区別する為にもパッチを貼ってます。

またツバの裏地は全てベルクロメスになってます。

ベルクロ対応のライト等を取り付け可能です。



TOP View




頭頂部にもベルクロのメスが。

先程の後頭部と一緒に、NVG系のパッチを貼る為の物でしょう。

しれっと貼っておくとシブいワンポイントですね。









少し前の写真ですが、被るとこんな感じ。

2枚目の写真のように、袖に『MLD』パッチを貼って合わせたりするとセット感が出て良いかと。


自分はかなり頭が大きい方なので、かぶり方は浅いです。

思いっきり走ると落ちそうにはなりますが、フィールドで落とした事はありません。



まぁキャップはその人の頭の形・輪郭・髪型によって千差万別。

ショップで実際にかぶってみるのがオススメです。

それではまた次回、お楽しみに!

  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)アイテムの話

2018年04月18日

キミスタの話





たまには脚本家らしくお仕事の話を
(ネタ切れじゃないよ・・・)

現在構成を担当させてもらっている番組です。

丁度今夜もO.Aがありますね。

エンドクレジットに『ガク カワサキ』も登場しますので、
良かったら探してみて下さい。

テレビ東京『キミスタ』
毎週水曜日 深夜1時35分 O.A


http://www.tv-tokyo.co.jp/kimisuta/

近々ブレイク必須な『次世代スター』を紹介し、

応援していく番組です。

当然ミリタリー色0ですが、

お時間ありましたら是非ご覧下さい。

それではまた次回。  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)お仕事の話

2018年04月17日

JPCの背中の話






先日、久々に映画『ローン・サバイバー』を観ておりました。

主演のマーク・ウォールバーグは僕が好きな役者の1人でもあるので、

ついつい何度も観てしまいます。





『ローン・サバイバー』 で以前から気になっていたのがコレ。

背中にヘルメットを付けるというファッション。

ヘルメットは降下時のみ使用し、あとは邪魔なので外しとくという感じでしょうか。

んーなんだか玄人っぽくてカッコイイ・・・・・


丁度僕のJPCの背中も寂しい時。

手元にあるOPSCOREを何とか背中に装着できないものか・・・・・・

そこで!!








まずはJPC、背中部分のMOLLEにカラビナを2つ装着します。

手元にあった普通のカラビナです。ミリタリー用でもなんでもないですが、まずはこれでテスト。







続いてオプスコア側で注目したのは↑この部分。

後頭部の調整バックルの横にある所ですね。


あごひもをMOLLEに通す、という荒技も試しましたが、

そうするとオプスコアをぶら下げる状態になってしまい、

ブラブラで動きにくいです。

なのでこの部分にカラビナを通せば、ブラブラせず固定出来るのでは?

という仮設。







つまりはこういうこと。


さぁ、いざJPCと合体だッ!!!!




















ガシャーンッ!!!!



うぉおおおなんかいいぞ!新しいぞ!!!!







・・・はい、たったコレだけ笑

見た目は雑ですが、案外しっかりと固定されています。

MOLLE側もオプスコア側もそんなに負担かかってないと思います。

グラグラしないのでホールドとしては大満足。

装脱着の手間を考えると、グリムロック系のカラビナが合うと思います。

今度買わなきゃ。


ただ強いて言えば、

被弾面積は大幅アップしてますよね・・・。

まぁそれはバックパックも一緒です。

オプスコアは悪くありません。

責めないであげてください。


これからの季節、折角のお気に入りオプスコアも暑さで装着したくないもの・・・。

でもなんとかゲームで使いたい!!

そんな人にオススメです。

ぜひ試してみてください。



それではまた次回!さようなら〜

  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)装備の話

2018年04月16日

カミングスーンな話

Comming soon...!!!!





  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)NHK装備の話

2018年04月15日

東京マルイ .45デトニクス の話

どもどもガクです。

さて今日も昨日に引き続き愛銃の紹介です。

と行ってもコイツは昨日紹介したGLOCKに比べかなり新参。

買ったのは2週間程前になります。

久々にNEWハンドガンを買ってしまった理由は3つ!

1.気温が下がっても動くプラスライドハンドガンが欲しかった。

2.めっちゃ安いの売ってた

3.一目惚れ♡


それがコチラッ!!

東京マルイ .45デトニクス







東京マルイがリリースしたガスハンドガンです。

『デトニクス』は45口径を使用するM1911系統の末っ子的存在。

小型化&スリム化を徹底して図られたモデル。

本当は比較対象としてM1911があればいいんですが、手元になく・・・

かなーり小さいです!





構えるとこんな感じ。




マガジン底部に付いている出っ張りがいい感じのストッパーとなり小指をホールドしてくれます。

自分は手が小さい方なのですっぽり入りますが、

人によっては小指一個分はみ出るかもですね。



小さく軽量な為、持ち運びはしやすく、ホルスターからの抜き差しもかなり楽です。

小さいのでパワー足りないかな?と思いましたが、

実際ゲームで使用してみると流石マルイさん。

めっちゃ当たります。30~35mまでなら全然戦えるレベルですね。





さて。

こいつは酒々井にあるミリタリーショップ『DEFCON 1』さんによった時、

うっかりセットで売っている中古を見つけてしまったのです。

まだ入荷したてだったのか、特に値札もなく、

「うわ、木グリにレザーのデトニクスなんて可愛いなぁ!」

と見てたら

『いいでしょ〜それ〜』

『いや〜相変わらずいい趣味してますね〜』

『かなり安いよ』

『え、売り物なんスか?』

『ホルスターとマガジン4本セットで¥1,4000だ―『買います。』






そこに迷いはありませんでした。

だって本体とレザーホルスターとマガジン4本で!

破格すぎでしょ!!

よほど曰く付きの遺品か何かかと心配しましたよ。

残念ながらマガジンの1本はガスダダ漏れでしたが、

中古なら仕方なし!バルブ閉めればいいだけだし!







カッチョいい木製グリップは実銃用。

デトニクスの刻印があるので、デトニクス社製なのでしょうが、なにせ中古なので詳細不明です。

ただ握り心地は最高。

やっぱりシングルカーラムのハンドガンに木製グリップは握りやすくていいですね。










こちらがセットのレザーホルスター。

個人的にこういうオレンジ系のレザー大好物なので最高です。

メーカーは『イースト.A』。レザーホルスターだけでなく、各種ホルスターでよくみるメーカーさんですね。

実銃用とは言い難いですが、仕上げと色合いがかなりイイので侮るなかれ。








付属のマガジンは全てマルイ純正シルバーモデルでした。

通常のガバメントマガジンより短いショートタイプです。

以前の記事でも紹介しましたが、

このショートタイプでもTACOマグでしっかりホールド出来ます。

逆にTACOマグのようなタイプじゃないと、短いのでポーチ内部に入り込んでしまい取り出しにくいかと。



デトニクス最大の特徴である前部にせり出したリアサイトですが、

サイティングしにくいという事はないです。

むしろし易いくらいでした。個人的には。

ただここ数年GLOCKに慣れていたので、ホワイトドットが無いサイトというのは慣れません。

近々蓄光タイプかホワイトドットタイプに変えたいですね。




レザーホルスターというのは何となくマーシャルっぽさもあって好きです。

ウォーキング・デッドでリックがリボルバー入れてるのもレザーホルスターですし。

LEっぽさの演出として、レザーホルスターを1つ持つというのもいいかも知れません。

デニムにレザーホルスターの組み合わせはもう最強ですよ。

とんかつ&キャベツに匹敵する名コンビです。


皆さんもぜひレザーホルスターを。

ではまた次回をお楽しみに〜!






  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)鉄砲の話

2018年04月14日

WE GLOCK17 の話

どもどもガクです。

さて。

遂に私の愛銃達をご紹介するまでに来ました。

立ち上げたばかりのブログですからね。

持ってるもの紹介ばかりで失礼します。

あとカテゴリーをどうしていいか解らず『鉄砲』という物騒な物にしましたが笑

ここで電動ガンもガスガンも全部紹介するつもりです。



本日ご紹介するのは、もうかれこれ3,4年使い続けている代物です。

正に相棒と言っても過言ではない1丁がコチラ!!


WE GLOCK 17







WE製 ガスブローバックハンドガン GLOCK 17 です!

WE-TECHは台湾のメーカーです。

ずっと『ウィー』だと思ってたんですが、調べたら『ダブリューイー』だそうです。

でも周りも『ウィー』って呼んでるかな?

可愛いですよね。『ウィー』。

文字で書くと酔っぱらいかパリピっぽくなっちゃうけど。


これは今でも共にサバゲに行っている相方とその仲間たちが誕生日にくれた物でもあります。

誕生日にこんなものくれるなんて、素晴らしい友達でしょ?













スライド、アウターバレルが実銃同様メタルになってます。

故に使い込んでいくと写真のように塗装が擦れて大変イイ感じに。


スライドがメタルという事もあり、

ブローバック自体はかなり力強いです。

ブローバックの威力が強いというより、単にスライドの重さが来る感じですね。

故に少しでも気温が低いと、ガス圧が足りずブローバックしきらず、次弾を給弾しない

という事がよくおきます・・・。

が、そこも可愛いところ。

スライドストップを解除した時の『カチャッ!』という音でご飯3杯はいけます。



ちなみに以前、CryeのGun Clipをホルスターとして使用したのですが、

スライドの厚みは東京マルイと同じなようで実銃より少しぶ厚めです。

なのでホールド出来なくはないですが、ノンルックでリリースがかなり難しかったです。


現在はサファリランドのレザーホルスターを使用しています。

トリガーガード部分でロックするタイプなのですが、そちらは全く問題なく快適につかえます。








そして何よりWE最大のポイントはこの刻印。

本来はトイガンらしく『MADE IN JAPAN』とか書いてある部分なのですが、

思いっきり実銃コピー。

もうスーパーコピー。

危なっかしい奴ですな・・・笑



マガジンは東京マルイと共用可能。

パッキンだけマルイ製に交換済ですが、他パーツもマルイ用がポン付け出来そうです。
(ごめんなさい試してませんが)


実射性能としては体感35m程度ならマンターゲット余裕という感じでしょうか。

ただブローバックに先述通り相当ガス圧を持っていかれるので、

気温・季節的には万能とは言い難いです。


ただハンドガンオンリーでよくサバゲをする自分としては、

ライフルと並ぶかそれ異常にHitゲットしてるので

かなりオススメです!!

(ライフルが下手なだけとか言わないで)


無論アンダーレイルには20mmアクセサリーが付くので、

TLRライトやXM300なんかを付けてもOK。


重量はメタルだけあって、マルイガスガンよりズッシリありますが、

ブローバック重さも相まって落ち着いて射撃が出来る心強さもあります。

ぜひぜひオススメです。


ではまた次回をお楽しみに〜!





  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)鉄砲の話

2018年04月13日

MSM メガパッチブックの話

どもどもガクです。

さてさて。

今日は僕が愛用している超便利アイテムのご紹介を。

さぁ!TVの前の奥様!メモの準備を!!


MSM メガパッチブック




メガパッチブック云々より、

あまりにアピールの強いRAAパッチが気になりますが笑


MSM、ミルスペックモンキーから販売されているメガパッチブックです。

カラーはコヨーテブラウン。写真だとわかりにくいかな?









その名の通り

めちゃくちゃパッチを貼りまくり収納できるスグレモノ。

こうやってみるとパッチコレクションを見ているようで

テンション上がってしまいます。


内部はすべてベルクロメスになっており、なんでもペタペタ可能です。

ページ部分も取り外し可能なので好きなページ数に調整可能です。




ちなみに、冒頭の外側に張っていたF**Kサインパッチ

写真の中にあるアメリカフラッグ柄M4パッチ、

更に右下のドクロマークパッチ

RAA(RogueAmerican Appare)から発売されてるものです。

パッチに限らずTシャツやワンポイントアクセサリーなど、

どちゃくそカッコイイアイテムを出してるメーカーです。

気になる方はぜひチェックを。








このパッチブック、中身はベルクロメスですので、

こんな感じでハンドガンケースも兼ねる事ができます。

僕は愛用のGLOCK17を収納してますが、

全然パンパンにならず余裕で入ります。

多少パンパンになってもいいのであれば、2丁収納も可能かと。



他にもツールバッグにも出来ますし、使い方は無限大。

まさに便利グッズ!


サバゲに行った時、チームが決まった後に

「さーてどのパッチ貼ろうかな〜」

と現場で思案するのも楽しいですよ!

オススメです。



ただパッチブックを埋める為に

余計にパッチが欲しくなるという恐ろしいアイテムでもあるのでご注意を。


ではまた次回をお楽しみに〜!  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)アイテムの話

2018年04月12日

OPS COREの話

こんばんみ〜(ビビる)

さて。

前回はJPC周りを紹介しましたので、

今回は頭部分を。

CB nHelmet Ops-Core マリタイム ヘルメット レプリカ




こちらもWARRIORSさんで購入したオプスコアのレプリカです。

購入当時はまだLE意識をせず、

単に映画『13時間』みたいな装備したいな〜と購入した為、TANです。

ここぞばかりにNHKパッチも貼っておりますが・・・笑

細かくみていきましょう!




FRONT VIEW




マウント系統と何も乗せてないので、そのまま状態です。

本当はNVG系を乗せたいのですが・・・


SIDE VIEW




右からの図。

MSM(MIL-SPEC MONKEY)のMLDパッチ が付いてます。

MLDとはMajor League Doorkickerの略で、

メジャリーグ系スポーツのパロディパッチですね。

これは単純にデザインが好きで付けてます笑

なんとなくサバゲ=スポーツな感じも出ますしね笑






左からの図。

NHKオリジナルパッチは、チームによって赤or黄色に使い分けてます。

その上に付いているのは『LIKEパッチ』。これも単に好みです笑

サイドの20mmレイルには

SURE FIRE X300 (レプリカ)が乗ってます。

これは映画『13時間』で使われていた小技ですね。

FBIでも使用例を見たことあるので、実際良くやってるのかもしれません。



よく行くフィールド『ホワイトベース』さんにはコンテナがあり、

中が暗闇になっているのでこのライトもよく使用します。

可視化の為というより、相手への牽制・目潰しの意味合いが強いですね。




BACK VIEW







後頭部ベルクロにはストロボやパッチ、バッテリケースを入れる例が多いですが、

あえてCAT(止血帯)を付けています。

CAT自体ベルクロで固定するアイテムなので、ベルクロメスには簡単に装着できます。

この方が簡単に取り出せるし、この工夫感はLEっぽくて気に入ってます。

実はまだこの姿でゲームをしてないので、実際走ると落ちるのではと心配ですが・・・




TOP VIEW




本当は頭頂部にマンタストロボなんかを載せたいとこですね。

そもそもカラーもRGに塗り直すか思案中・・・・・・

んー迷いはつきませんね!笑



INSIDE VIEW




最後は中身。

自分は頭がデカイので、スペーサーを全て外すと丁度良いです。

スペーサーは調整可能なので、自分の好みに合わせて変更可能です。

貼ってあるエロエロお姉さま

ロッキンビリー・ジェーンという日本の覆面画家さんのイラストです。

僕は私服でよくRUDE GALLERYというブランドの服を着るのですが、

その時タグについていたイラストです。

エロエロお姉さまをヘルメット内側に貼るのは男の浪漫


ここは形にとらわれず、好きなエロエロお姉さまを貼るべきだと思います笑




いかがだったでしょうか。

シンプルなオプスコアでも、オリジナルパッチ1つで一気に個性的になりますね。

とはいえもうちょっとゴテゴテにしたい・・・・・・


続報に期待されよ!!

ではまた次回をお楽しみに〜!



  


Posted by ガク  at 18:00Comments(0)装備の話